November 03, 2013

Arturia Spark LE

今年はArturia Spark LE をよく使いました。

20131103_162038

V Collection付属のSPARK Vintage が好印象だったので他のキットも欲しくなり、合わせて拡張音源のEDM EssentialsDubstep Essentials も購入。

先に言っておきますがUIはあまり良くないです。プリセットのキットを選んでそのまま使うのなら問題ないのですが、細かくエディットしていこうとすると結構イライラしますw

動作も少し不安定。僕は基本マルチアウトの設定をするのが面倒なので、音色ごとに複数のSparkを立ち上げたりするんですが、あまりそのような使い方はおすすめできません。too many Spark!!というアラートとともに爆音を発することがあります。。MacのCPUやメモリにまだ余裕があるのにもかかわらず…です。

個々のサンプルのセレクトをしにくいのが一番の難点ですかね。別ウィンドウでセレクトするのですが、このウィンドウが表示されている時にDAWをスタートさせようとSpace、Enterキーなどを操作すると、ショートカットがかぶっているらしく、いろんなことがおこります。。 勝手にカテゴリーが追加されたり。下の画面でBass Drum、Snare Drumというカテゴリーの下に3、4、2、1という謎のカテゴリーが表示されているのが確認できるかと。いまだに消す方法がわかりません(^^;;

20131103_165844_3

アレンジの際、Vintage、EDM、Dubstepのプリセットからインスパイアされることが多いです。ただ、このプリセットいいなぁ、とエディット画面へ進むと内蔵のコンプ、EQ、リバーブがゴリゴリにかかってたりするのでそこは注意です。

20131103_162708

個人的にSparkはエフェクト込みでひとつの音色と捉え、細かいことは気にせずガンガン使っていくのが良いのではないかと思っています。EDM、Dubstepなどのクラブミュージックに限らずいろいろなジャンルに使えるので重宝しますよ!

«Jake Bugg - Shangri La

My Photo

■□□

□□■

□■□